あったかリフォームで快適な住まいができるまで

フルリフォーム・高断熱改修は実際にどのように行われるのかを、石狩市・F邸の工事を例に順を追って紹介します。

施工前の住宅外観。外装はモルタル仕上げ
室内から壁や床を撤去して構造体を現しにする
断熱材を施工するために基礎の表面を平滑にする
基礎に発泡プラスチック系断熱材を接着剤で貼り付ける
モルタル外装も屋外側から剥がしていく
モルタル下地のバラ板などもていねいに取り去る
構造の状態もチェック。写真は基礎に鉄筋がちゃんと入っていることを示している
地面がむき出しの床下に防湿コンクリートを打つため鉄筋を施工
構造体の状態をチェックし、傷んでいる木材などは交換する
床下の地盤面に防湿コンクリートを打設
屋根も断熱材を敷いてしっかり葺き替える
板金仕上げ終了後の屋根
柱や梁は耐震性・耐久性を高めるため、必要に応じ金物などで補強
構造体の外側に発泡プラスチック系断熱材を施工
窓も断熱性が高いプラスチックサッシ・Low―Eペアガラスに交換
構造体外側に張った断熱材の上に透湿・防水シートを張り、通気胴縁を打つ
外壁の柱の間に吹込み断熱材を隙間なく施工する
室内側に防湿・気密シートを張って気密化する
配管や配線の貫通部分も気密テープなどを使ってきちんと気密化する
換気システムを施工
サイディングを張って外装仕上げ
内装下地の石膏ボードを張り、この後にクロスで仕上げる
建具も入って、いよいよ完成間近
暖かく快適な住まいに生まれ変わったF邸