2016年8月14日日曜日

日本のリノベーションはお寺にあり!札幌の古寺院で伝統技法と革新の断熱技術を見学する

84()に、北海道大学・繪内正道名誉教授が会長を務める断熱リフォーム/リノベーションの勉強団体「あったかリフォーム倶楽部」の勉強会がありました。
昨年から実施している施設見学会で、昨年は輸入クロスを扱うKABEYAさんを見学。今年は札幌随一の宮大工会社・「北一タカハシ建設」さんの事務所・工場と、足かけ3年かけて改修した札幌の古刹「経王寺」の見学です。
〈札幌・豊平区の経王寺〉

まず、奈良県にある日本最古の木造建築・法隆寺は、千数百年の間、宮大工が修理を続けてきたから、今もその姿を見ることができるわけで、
日本のリノベーションは寺院・宮大工にあり!
というのが今回のお題です。

そして、もうひとつのポイントが、寒冷地札幌らしい「暖かいお寺」づくりに取り組んでいるということです。

〈河合、資料を見ながら質問するの図〉


自分の仕事にはもちろん自信を持っておりますが、仲間の仕事や仕事の進め方を勉強することはとてもためになる、と今回改めて感じました。
お寺を改修するとき、使われているのは50年、100年前の木材です。それらの強度はもちろん大工さんの経験である程度わかるのですが、科学的に強度を測定する機械があると、とてもわかりやすくなります。
北一タカハシ建設さんにはヤング係数という木材の強度を測定する精密機器がありました。そのほかにも計測器がたくさん。

〈右端が宮大工の親分・高橋さん.左があったかリフォーム倶楽部の仲間〉

また、改修時に断熱するための方法として、いろいろな建材を使っているのも特徴です。遮熱材、グラスウール断熱材、ウレタンなど、いろいろな断熱建材を駆使し、50年間腐れないような工夫をしながら納めていくのが宮大工の仕事になるそうです。

〈お寺から回収してきたふすまのオモテをはがすと、なんと筆書きの和紙が!! 紙が貴重品だった時代に、何度も筆の練習をして、その紙が最後にふすまの下地になったのでしょう.忘れかけていた「ものを大事にする心」を思い出させてくれます〉


住宅の断熱リフォーム専門家である自分にとって、やはり日本の伝統技術は参考になりました。
外観を工事できないときはどうするべきか。
室内側に施工スペースがない場合の断熱をどうするか。
床下の処理は何を使うか。

〈色が違う古い梁を新しい柱が受ける.お寺はリノベーションの原点〉



こういった技術的な課題は、住宅でもお寺の改修でも同じです。
自分の技術を再確認できましたし、新しいヒントもありました。


もし、興味がある方は、毎月1回開催している勉強会にお越しください。
お待ちしております。
こちら>>

第7回リノベーション勉強会「300万円で20数年前の木造住宅を暖かくする気流止め工法」のお知らせ-8月27日(土)

平成元年ころの木造住宅を暖かくする方法と、簡単な検査方法を
いっしょに学びましょう!

毎月開催しているこのセミナーも、8月で7回目となりました。

今回は、北海道大学・繪内正道名誉教授が会長を務める断熱リフォーム/リノベーションの勉強団体「あったかリフォーム倶楽部」の勉強会の様子を少し。
卓上の各種性能測定機と、図面をにらむ河合(左端)と仲間たち

84()の勉強会は、札幌随一の宮大工会社・「北一タカハシ建設」さんの事務所・工場・バックヤードの見学と、改修した寺院の見学でした。詳しくは別のブログにまとめますが、お寺は50年、100年、古い建てものでは数百年前に建てた本堂などを、傷んだ部分を直しながら、使い勝手も向上させて、さらに100年使うというケースがほとんどだそう。
つまり、
「お寺は究極のリフォーム建築」なんですね。

その担い手の宮大工会社がなぜ私たちの仲間として活動しているかというと、「暖かいお寺」をつくっているからです。

『家もお寺もあたたかく』
これがボクたちあったかリフォーム倶楽部の活動です!

20年を超す木造住宅をリノベーションする際に、断熱と耐震改修も実施すれば新築水準を超える暖かさと暖房費節約が実現しますが、工事には大きな金額がかかります。

今回学ぶ断熱リフォームは、外壁張替の時に「気流止め」と呼ばれる追加工事するだけで、住んだままできる工事規模なので、費用が抑えられます。

セミナーでは、築25年以上がたった平成元年ころの木造住宅を対象に、小規模な工事で断熱性能を高める方法と、注意点などについていっしょに学びます。また、実際の施工事例とリフォームしたお客さまの声をご紹介します。

リフォーム計画のはじめに、ぜひお越しください。
河合建築事務所は、毎月1回、勉強会を開催しています。

7回リノベーション勉強会
300万円で20数年前の木造住宅を暖かくする気流止め工法」

と き:2016827日(土) 1330分~1500
ところ:手稲コミュニティセンター2階第3会議室
   (札幌市手稲区手稲本町31丁目3-41

    「平成元年頃の木造住宅を暖かくするための方法と、簡単な検査方法」
  (13:3014:30
    「外壁張替といっしょに行った断熱改修の実例、費用」
  (14:3015:00
講師:河合 良夫   当社代表

主 催:あったかハウス河合建築事務所
後 援:あったかリフォーム倶楽部(北海道住宅高性能リフォーム普及支援協議会)

参加は無料、定員10名で事前申し込みが必要です。
お申込・お問い合わせはお電話(090-5983-8555)またはメールでセミナー担当・河合まで。
メールアドレス:attaka@mild.ocn.ne.jp


〈会場地図〉