2016年4月9日土曜日

屋根の上は危険がいっぱい

昨年12月に現地調査を行ったおうち。
外壁の傷みを直したうえで暖かい家になれば、というご希望。

お客さまが「ぜひに」とのことで外壁材の一部をはがしてみました。



見える部分に限っては腐れなどなさそうですが、壁の気密シートと床の気密シートがつながっていないため、壁の中に冷気が侵入して家を寒くする構造でした。
ここを直せば、暖かい家に劇変しますね。

さて、何の気なしに、「屋根の上も点検しましょうか」と屋根に上ってみたら


なんと!朝日ソーラーの太陽熱温水パネルの表面ガラス1枚が完全に割れているではありませんか!

太陽熱温水器を屋根に載せているご家庭は、年に1度点検してみてくださいね。パネルが割れていたら、強風時などにご近所に迷惑をかけてしまうかもしれませんので。