2015年9月10日木曜日

たくさんの家族に、暖かい家に住んでほしいから。

10月3日(土)に札幌・手稲コミュニティーセンターで開催する「あったかリフォーム市民セミナー」は、新しい技術による手ごろな断熱リフォームをご説明します。



築数十年の木造住宅をリフォームする際に、断熱と耐震改修も実施すれば新築水準を超える暖かさと省エネルギー性が実現しますが、それには大きな金額がかかります。

今回紹介する断熱リフォームは、外壁張替の時に「気流止め」と呼ばれる追加工事するだけで、住んだままできる工事規模なので、費用が抑えられます。


新しい技術でまだ採用例が少ないので、採用の前におひとりおひとりに理解いただいた上で工事をする必要があります。
例えば、断熱サイディングを貼っただけで暖かくなるかと聞かれれば、暖かくならないのです。ではなぜこの工法なら大丈夫なのか。
その部分は、ぜひ皆さんに知ってほしい部分です。


セミナーでは、なぜ小規模な工事で断熱性能が高められるのか、注意点はどこかなどを中心に、高杉さんがわかりやすく解説します。また、実際の施工事例とリフォームしたお客さまの声を河合がご紹介します。